日本食品免疫学会
 home お知らせ BMFH論文紹介 JAFIについて メンバーページ リンク お問合せ
HOME > お知らせ > 公益財団法人アサヒグループ学術振興財団 30周年記念特別シンポジウム
お知らせ  

公益財団法人アサヒグループ学術振興財団
30周年記念特別シンポジウム 開催概要

タイトル:「腸の驚異 ―知られざる腸のはたらきを明らかにする―」
1.日程:2013年5月29日(水) 13:00〜17:30
2.場所:アサヒ・アートスクエア (http://www.asahibeer.co.jp/csr/philanthropy/artsquare/
3.費用:無料
     *事前のお申込みが必要です
     *お申込みの受付は、Webサイトのみとなります(5月22日10時締め切り)
4.定員:200名
5.概要:
「腸の驚異 ―知られざる腸のはたらきを明らかにする―」
 人の活動に必要な栄養を吸収する「腸」。最近の研究で、「腸」は栄養を吸収する機能ばかりでなく、第二の脳として、人の心や行動に大きな影響を及ぼしていることが分かってきました。
その最新の研究の一端を紹介するとともに、後半のパネルディスカッションでは、心と体の健康と幸せに導く「食と腸の関係」について考えていきます。
6.内容:
【主催者挨拶】
【第1部:講演】 13:10〜16:20  司会:上野川 修一
@「はじめに」―知られざる腸のはたらき― 13:10〜13:30
  上野川 修一(東京大学 名誉教授)
A「腸と脳」 13:30〜14:10
  福土 審(東北大学大学院 医学系研究科 教授)
B「腸と免疫、アレルギー」―腸は最大の免疫器官― 14:10〜14:50
  八村 敏志(東京大学大学院 農学生命科学研究科 准教授)
― 休憩(10分) 14:50〜15:00
C「腸と腸内細菌」―日本人の腸内細菌叢の特徴― 15:00〜15:40
  服部 正平(東京大学大学院 新領域創成科学研究科 教授)
D「腸と食事」―腸環境と食品開発― 15:40〜16:20
  山本 直之(カルピス株式会社 研究戦略部長)
― 休憩(15分) 16:20〜16:35

【第2部:パネルディスカッション】 16:35〜17:30
「心と体の健康と幸せに導く『食と腸の関係』」
コーディネーター:東京大学名誉教授 上野川 修一
パネリスト:講演者全員

HP:http://www.asahibeer.co.jp/csr/philanthropy/ab-academic/seminar/

このページのTOPへ↑
(C) Japanese Association for Food Immunology. All rights reserved. mail