日本食品免疫学会
 home お知らせ BMFH論文紹介 JAFIについて メンバーページ リンク お問合せ
HOME > お知らせ > 「牛乳乳製品健康科学」学術研究の公募について(牛乳乳製品健康科学会議)
お知らせ 2013年11月28日

「牛乳乳製品健康科学」学術研究の公募について
(牛乳乳製品健康科学会議)
「牛乳乳製品の価値向上に繋がる医学・
 栄養学・食品科学・体育学等の分野の課題」に係る学術研究)

1. 募集(申請)期間
平成25年11月1日(金)〜平成25年12月31日(火)必着
2. 募集テーマ・内容
  研究テーマ 内 容
各ライフステージに於ける牛乳乳製品摂取の意義 【キーワード】
<小児期(発育期)>発育(発達)
<中高年期>運動機能、生活習慣病、認知症、癌、ロコモティブシンドローム(骨・間接・筋肉)、メタボリックシンドローム(肥満、高血圧、糖尿病)
<全般>QOL、運動
牛乳及び成分等が有する免疫調節機能に関する研究 牛乳(殺菌等処理された飲用乳等を含む)あるいはその成分の免疫調節機能に関する基礎的・応用的研究。牛乳を摂取した際の臨床的免疫指標の変化に関する研究も対象とする。
牛乳乳製品摂取によるリラックス・安眠効果に関する研究 食生活に於ける牛乳乳製品の摂取が、睡眠の質及びヒトの不定愁訴や鬱などの精神・神経機能に及ぼす効果の研究。
上記研究への申請のうち15件程度を採用して研究者等を決定する。
3. 応募資格
研究者ないし研究グループ(大学院生を含む)
4. 委託研究期間
原則として、1年を超えないものとする。
5. 委託金額
年間1件当たり原則として150万円以内とする。
6. 選考方法
「牛乳乳製品健康科学学術研究選考委員会」が、必要に応じて各分野の専門家の意見を参考
とし、審議決定する。
選考委員会 (五十音順)
委員長 折茂 肇 (骨粗鬆症財団理事長)
選考委員 上西 一弘 (女子栄養大学栄養生理学研究室教授)
  川原 貴 (国立スポーツ科学センター統括研究部長)
  桑田 有 (人間総合科学大学大学院 教授)
  児玉 浩子 (帝京平成大学健康栄養学科長教授)
  清水 誠 (東京大学大学院農学生命科学研究科食の安全研究センター特任教授)
  中村 丁次 (神奈川県立保健福祉大学学長)
  細井 孝之 (医療法人財団健康院クリニック 副院長)
  宮崎 滋 (新山手病院 生活習慣病センター長)
7. その他
詳しい内容は、下記Webより<学術研究実施要領>をダウンロードしてご確認下さい。
一般社団法人Jミルク ホームページ:http://www.j-milk.jp/
<牛乳乳製品健康科学会議>
牛乳乳製品の栄養健康機能に係る学術的エビデンスを研究検証し、研究活動を通じて日本人の健康増進に貢献することを目的として、平成24年3月に設立した健康科学分野の研究者で組織される一般社団法人Jミルクの外部連携組織。代表幹事 折茂肇(骨粗鬆症財団理事長)。
<事務局・お問い合わせ先>
〒104-0045 東京都中央区築地4丁目7番1号 築地三井ビル5階
一般社団法人 Jミルク
担当:佐野 晴彦
電話:03-6226-6352  FAX:03-6226-6354
E-mail:h-sano@j-milk.jp

このページのTOPへ↑
(C) Japanese Association for Food Immunology. All rights reserved. mail