日本食品免疫学会
 home お知らせ BMFH論文紹介 JAFIについて メンバーページ リンク お問合せ
HOME > お知らせ > 「食と教育」学術研究の公募について(牛乳食育研究会)
お知らせ 2013年11月28日

「食と教育」学術研究の公募について(牛乳食育研究会)
「食に係る教育の新たな知見」に関する学術研究

1.募集(申請)期間
平成25年11月1日(金)〜平成25年12月31日(火)必着
2.募集テーマ・内容
(1) 特定研究
No テーマ
「食に関わる教育活動」における「乳」活用の意義と可能性
「食に関わる教育活動」における教育効果とその測定法
集団給食(保育所・小中学校等)の教育的視点から見た歴史的役割や現代的意義
「乳」を取り込んだ食に関わる教育的視点を持った比較分析(国内外)
ライフステージ(特に、乳幼児、青年期、高齢期など)に対応した「乳」を取り込んだ食に関わる教育のプログラムと教材
(2)一般研究
No テーマ
「乳」に関する教育的視点からの研究
上記うち8件程度を採用して研究者等を決定する。
※ここで言う「乳」とは、「食品としての牛乳・乳製品やそれを生産流通する産業としての酪農や乳業など」を指す。
3.応募資格
国内の大学及び短期大学、専修学校、国・地方公共団体の設置する研究所、独立行政法人の研究機関等で学術研究を行っている研究者等、またはこれに付随する研究を行っている個人の研究者等とする。
4.委託研究期間
原則として、1年を超えないものとする。
5.委託金額
年間1件当たり、原則として100万円以内とする。
6.選考方法
審査委員会が、必要に応じて各分野の専門家の意見を参考とし、審議決定する。
委員長 角屋重樹 (日本体育大学児童スポーツ教育学部 教授)
副委員長 田中博之 (早稲田大学教職大学院 教授)
委員
児玉浩子 (帝京平成大学健康メディカル学部健康栄養学 教授・学科長)
  長島美保子 (公益社団法人全国学校栄養士協議会 会長)
  石井雅幸 (大妻女子大学家政学部児童学科 准教授)
  鈴木由美子 (広島大学大学院教育学研究科 教授)
7.その他
詳しい内容は、下記Webより<学術研究実施要領>をダウンロードしてご確認下さい。
一般社団法人Jミルク ホームページ:http://www.j-milk.jp/
<牛乳食育研究会>
乳の特徴を活用した食と教育の研究活動を通して、豊かな食体験及び総合的な食知識の習得、食に対する健全な態度の育成及び適切な食選択能力の向上などの教育的な取り組みをもって、生活者が生涯を通じて心豊かで健康的な生活を実現することに貢献することを目的とする一般社団法人Jミルクの外部連携組織。平成24年10月設立。
代表幹事 角屋重樹(日本体育大学児童スポーツ教育学部 教授)
<事務局・お問い合わせ先>
〒104−0045 東京都中央区築地4丁目7−1 築地三井ビル5F
一般社団法人Jミルク 内 「牛乳食育研究会」事務局  担当:関 芳和
電話:03−6226−6352  FAX:03−6226−6354
E-mail:y-seki@j-milk.jp
このページのTOPへ↑
(C) Japanese Association for Food Immunology. All rights reserved. mail