日本食品免疫学会
 home お知らせ BMFH論文紹介 JAFIについて メンバーページ リンク お問合せ
HOME > お知らせ > 第5回宿泊セミナーのご案内 > プロバイオティクスと健康

プロバイオティクスと健康

南野 昌信
ヤクルト本社中央研究所 基礎研究一部

 ヒトの腸には500種を超える菌種、総数で100兆個の細菌が存在して腸内フローラを形成している。腸内細菌の中には、宿主に必要な栄養素の産生、病原菌の定着阻害、腸管上皮細胞のバリアー機能の強化、腸管の免疫防御機能の亢進といった、宿主に有益な作用を示す細菌が存在する。一方、毒素などの有害物質を産生する細菌、腸管粘膜に侵入して感染を起こす細菌も存在する。すなわち、腸内フローラは有益な性質をもつ細菌や有害な性質をもつ細菌などの多様な微生物から成る複雑な生態系であり、腸内フローラの変動が、感染、アレルギー、過敏性腸症候群、炎症性腸疾患、癌などのさまざまな疾患の原因になることが提示されている。したがって、腸内フローラの良好なバランスを維持することが疾患の予防や回復に重要な役割を担うと言っても過言ではない。
 腸内フローラを安定化してさまざまな疾患を予防する手段の一つとして、食事が重要であることは一般に認められている。どのような食生活を送ることが健康に有益であるかを、科学的根拠に基づいて提言していくことが日本食品免疫学会の使命である。私どもの研究所では内外の研究機関のご協力を得て、プロバイオティクスの整腸効果と保健効果に関する研究を行ってきた。Lactobacillus caseiシロタ株は、生きて腸に到達し、宿主に有益な効果を示すプロバイオティクスである。これまでに、臨床試験で、L. caseiシロタ株の摂取は表在性膀胱癌や大腸ポリープの再発を抑制することが確かめられている。また、動物試験で、化学発癌剤で誘導した癌や慢性炎症から派生する癌の発症を抑えること、インフルエンザウイルス感染を抑えることが示されている。
癌やウイルス感染に対する防御に重要な役割を担うのは、宿主の免疫機構である。自然免疫では食細胞(マクロファージや好中球)やナチュラルキラー(NK)細胞が働き、獲得免疫ではリンパ球が主役を演ずる。NK細胞に及ぼすL. caseiシロタ株の効果を調べたところ、健常者やHAM(HTLV-I関連脊髄症)患者のNK活性を回復させることが認められた。また、健常人の末梢血単核細胞にL. caseiシロタ株を添加して培養したところ、IL-12産生を誘導しNK活性を増強することが確かめられた。
 プロバイオティクスの語源は“for life”であり、プロバイオティクスは、適当な量を摂取することにより宿主の健康に有益な働きをする生きた微生物、と定義されている。プロバイオティクスとして認められるためには、動物試験や臨床試験で有効性が検証されていなければならない。また、プロバイオティクスは経口的に摂取するものであり、安全性の保証も重要である。
 本セミナーでは、プロバイオティクスの現状と将来性について、私どものプロバイオティクス研究の成果を織り交ぜながらお話をしたい。

このページのTOPへ↑
(C) Japanese Association for Food Immunology. All rights reserved. mail