HOME > 学術大会 > 第14回 学術大会(JAFI2018) > 第14回 学術大会(JAFI2018)プログラム

第14回 学術大会(JAFI2018)プログラム

2018年11月15日(木)

  • ●開会の辞 9:30-9:40
  • ●一般演題 ショートプレゼンテーション 9:40-11:00
  • ●学会賞・産業賞授賞式、受賞講演 11:00–11:40
  • ●~昼食~ 11:40–12:40
  • ●第14回定例総会 12:40-13:30
  • ●一般講演 ポスター討論 13:30–14:50
●シンポジウム1
「発酵食品による免疫調節作用」 15:00-17:00
S1-1 「発酵食品の摂取による腸管を介した口腔免疫の活性化」
○小林 良喜(日本大学)
S1-2 Lactobacillus delbrueckii subsp. bulgaricus OLL 1073R-1で発酵したヨーグルトの免疫賦活活性」
○牧野 聖也(㈱明治)
S1-3 「大豆食品を活用した亜鉛欠乏予防 ~亜鉛栄養と免疫の観点を交えて~」
○神戸 大朋(京都大学)
S1-4 「乳酸菌由来フェリクロームによる癌細胞死誘導作用
○藤谷 幹浩(旭川医科大学)
  • ●懇親会 17:30-19:30

このページのTOPへ↑

2018年11月16日(金)

●シンポジウム2
「腸内細菌と脳・神経系との関わり」 9:30–11:30

S2-1 「社会的敗北ストレスモデルを用いた腸内エコシステムの網羅的解析」
○鈴木 チセ(農研機構)
S2-2 「腸内フローラとうつ病」
○相澤 恵美子(名古屋経済大学)
S2-3 Lactobacillus gasseri CP2305株のストレス緩和・睡眠の質改善作用」
○中村 康則(アサヒグループホールディングス㈱)
S2-4 「皮膚神経と腸管神経のイメージング解析」
○岡田 峰陽(理化学研究所)
  • ●ポスター賞授与式 11:40-12:00
  • ●~昼食~ 12:00-13:30
●特別講演
「脳腸相関の新しい展開:脳-腸-腸内細菌相関」 13:30-14:30
○須藤 信行(九州大学)
●シンポジウム3
「運動による免疫調節作用」 14:40–16:40
S3-1 「運動による免疫機能低下とその対策」
○枝 伸彦(早稲田大学)
S3-2 「骨格筋の可塑性制御における免疫細胞の役割」
○川西 範明(千葉工業大学)
S3-3 「コンディショニングにおける運動習慣と腸内フローラ」
○森田 英利(岡山大学)
S3-4 「イミダゾールジペプチドの運動能力向上作用」
○佐藤 三佳子(日本ハム㈱)
  • ●閉会の辞 16:40–16:50

このページのTOPへ↑

●ポスタープログラム
演題番号 内 容
P-01 マクロファージモデル細胞におけるIL-12発現を制御するプロバイオティクスの探索・解析
○ 日浦 月穂1, 鈴木 政彦2, 本田 瑞希3, 辻川 勇治2, 坂根 厳2, 薩 秀夫11前橋工科大学・生物工学科,2(株)伊藤園・中央研究所,3前橋工科大学大学院・生物工学専攻)
P-02 Lactococcus lactis subsp. cremoris YRC3780のインテグリンαvβ8を介した制御性T細胞誘導機構
○ 顧 文婷1, 森永 真実子1, 高野 智弘1, 内田 健治2, 鳥居 剛史2, 元島 英雅2, 片野 直哉2, 足立(中嶋) はるよ1, 八村 敏志11東大院農生科・食の安全研究セ,2よつ葉乳業株式会社・中央研究所)
P-03 乳酸菌Lactobacillus paracasei MCC1849による濾胞性制御性T細胞誘導
○ 小川 諒平1, 上滝 隆太郎1, 森永 真実子1, 新井 聡2, 岩淵 紀介2, 清水 金忠3, 阿部 文明2, 八村 敏志11東大院農生科・食の安全研究センター,2森永乳業(株)・研究本部 素材応用研究所,3森永乳業(株)・研究本部 基礎研究所)
P-04 食品コウジカビのin vivoにおけるTh1応答増強効果
○ 宇田 佳功1, 北爪 里欧1, 榎本 淳1,21群大院理工,2群大食健康セ)
P-05 乳酸菌Leuconostoc mesenteroides NTM048株由来菌体外多糖による粘膜免疫誘導効果
○ 松崎 千秋(石川県大・資源研)
P-06 大腸癌モデルにおいてL. bulgaricus OLL1073R-1の菌体外多糖がもたらす免疫チェックポイント阻害療法の効果増強と腫瘍浸潤T細胞解析
○ 川鍋(松田) 啓誠1,2, 中村 真梨枝2, 竹田 和由1,3, 狩野 宏1,2, 奥村 康1,41順天堂大学 大学院医学研究科 乳酸菌生体機能研究講座,2株式会社 明治 乳酸菌研究所,3順天堂大学 大学院医学研究科 研究基盤センター 細胞機能研究室,4順天堂大学 大学院医学研究科 アトピー疾患研究センター)
P-07 伝統的発酵食品ふなずし由来プロバイオティクス投与がマウス親子間の腸管免疫と腸内細菌におよぼす影響
○ 岡田 義清, 穂苅 量太(防衛医科大学校 内科学(消化器))
P-08 Flavonifractor plautiiによるマウスにおける急性大腸炎の軽減効果
○ 三上 彩音1, 荻田 佑2, 下里 剛士2,31信州大農,2信州大バイオメディカル研,3菌類・微生物セ)
P-09 1-ケストースによるマウス結腸粘膜セロトニンの減少におけるbifidobacteriaの寄与
○ 立岡 三沙, 園山 慶(北大院農)
P-10 脂肪添加含量の違いとフラクトオリゴ糖添加が唾液中IgA分泌速度と顎下腺チロシンヒドロキシラーゼに与える影響
○ 山本 裕子1, 槻木 恵一21神奈川歯科大学短期大学部 歯科衛生学科,2神奈川歯科大学大学院 口腔科学講座 環境病理学)
P-11 制御性T細胞の誘導を介して抗炎症作用を発揮する食品因子の探索
○ 永井 千絵, 服部 誠, 好田 正(東農工大)
P-12 花粉症モデルマウスを用いた乳酸菌株Lactobacillus helveticus SBT2171の花粉症緩和効果の解析
○ 牧野 智之1, 山下 舞亜2, 冠木 敏秀2, 服部 誠1, 好田 正11東農工大,2雪印メグミルク)
P-13 花粉症モデルマウスのアレルギー症状に対するハニーブッシュ抽出物の影響
○ 深川 歩, 服部 誠, 好田 正(東農工大)
P-14 ザクロ由来ポリフェノールによる腸管を介した皮膚のアンチエイジング
○ 松尾 花佳1,2, 片倉 喜範21九大院・シス生,2九大院・農院)
P-15 Tea Tree Oilはミトコンドリア由来の活性酸素を介して好中球の殺菌機能に影響する
○ 才木 脩平, 市川 寛(同志社大学大学院生命医科学研究科)
P-16 野沢菜漬けの発酵過程における細菌叢の変遷と免疫調節作用の増強
○ 濱島 知里1, 高橋 楓香1, 渡辺 純2, 田中 沙智11信州大学大学院 総合理工学研究科 農学,2農研機構 食総研)
P-17 野沢菜漬けの免疫賦活作用の解析
○ 稲葉 千尋, 濵島 知里, 高橋 楓香, 田中 沙智(信州大学大学院 総合理工学研究科 農学)
P-18 野沢菜によるマクロファージの活性化のメカニズム解明
○ 高橋 楓香, 濵島 知里, 田中 沙智(信州大学大学院 総合理工学研究科 農学)
P-19 Structural Characterization of Immuno-Stimulating Polysaccharide Purified from Korean Red Ginseng
○ Sue Jung Lee, Kwang-Soon Shin(Dept. of Food Sci. & Biotech. Kyonggi Univ. Korea)
P-20 Stimulation of innate immune function by Panax ginseng after heat processing
○ Myoung-Sook, Shin1, Kwang-Soon, SHIN21Gachon University, Korea,2Kyonggi University, Korea)
P-21 Structural Features and Signaling Pathways of Macrophage-Activating Polysaccharide Purified from the Fermented Barley
○ Han Wool Kim, Kwang-Soon Shin(Dept. of Food Sci. & Biotech. Kyonggi Univ. Korea)
P-22 A Pectic Polysaccharide Purified from Unripe Citrus (Cheongkyool) Peels Induces Anti-metastatic Activity through Activation of Immune Related Cells
○ JIE GAO, Ki-Rim Hong, Kwang-Soon Shin(Dept. of Food Sci. & Biotech. Kyonggi Univ. Korea)
P-23 フラボノールによるRALDH2/Aldh1a2発現誘導メカニズム -ケンフェロールは核内受容体AhRを介してRALDH2発現や活性を上昇させ、樹状細胞のTreg誘導能を亢進する-
○ 綿貫 優実(東理大・基礎工・生物工)
P-24 マスト細胞依存性アレルギーに対するポリフェノールの相乗効果 -ポリフェノールPterostilbeneとHeptamethoxy flavoneは異なる経路を介して相乗的にマスト細胞依存性アレルギー反応を抑制する-
○ 岩崎 めぐみ, 笠倉 和巳, 八代 拓也, 濱田 琢人, 由良 志織, 西山 千春(東理大院・基礎工・生物工)
P-25 STAT活性制御に関わる天然物・食品素材検索法の構築
○ 小島 裕正(Osaka City Univ, Grad. Sch. Med.)
P-26 腸管免疫賦活作用を有する食品の探索と機序の解析
○ 窪田 篤人(北海道大学大学院生命科学院)
P-27 レスベラトロール摂取によるα-defensin 分泌量と腸内細菌叢への影響
○ 中村 公則1,2, 杉本 理菜1, 横井 友樹1, 清水 由宇1, 菊池 摩仁1,2, 綾部 時芳1,21北大院・生命科学,2北大院・先端生命・細胞生物科学・自然免疫)
P-28 鶏卵摂取が免疫チェックポイント機構に及ぼす影響について
○ 岡本 能弘(千葉科学大学薬学部)
P-29 カルノシンの腸管バリア増強効果
○ 尾上 詩織1, 佐藤 三佳子2, 片倉 喜範31九大院・シス生,2日本ハム(株)中央研究所,3九大院・農院)
P-30 緑茶カテキン代謝物5-(3’, 5’-dihydroxyphenyl)-γ-valerolactoneによる ナチュラルキラー細胞活性の増強
○ 禰津 彩香, 立花 宏文(九州大学大学院農学研究院 生命機能科学部門)
P-31 RAW264.7細胞のNO産生およびマウス腸内菌叢に及ぼす乳酸発酵ヘチマの影響
○ 鹿野 綾音, 久田 孝(東京海洋大学大学院)
P-32 母乳中CCL25濃度と新生児におけるアトピー性皮膚炎(AD)発症との関連
○ 阿部 紗織1, 下条 直樹2, 茶山 和敏11静岡大学創造科学技術大学院バイオサイエンス専攻,2千葉大学大学院医学研究院小児病態学)
P-33 ウシ乳腺上皮細胞によるイムノバイオティック評価系構築に関する基礎的研究
○ 高木 理宏1,2, 小松 稜弥1,2, 須田 義人3, 北澤 春樹1,21東北大・院・農,2LIU・CFAI,3宮城大・食産)
P-34 ヒトナチュラルキラー(NK)活性の新規簡便測定法の開発研究
○ 加藤 和則1,21東洋大学 理工学部 生体医工学科,2順天堂大学 医学部 免疫学)
P-35 腸内環境におけるフリーラジカルの検出および消化管恒常性との関連性に関する研究
○ 脇田 義久, 斎木 朝子, 金田 弘拳, 瀬川 修一, 土屋 陽一(サッポロホールディングス株式会社 価値創造フロンティア研究所)
P-36 大腸から所属リンパ節に移行した制御性T細胞の増殖 -―臓器間細胞移動と細胞周期の同時検出―-
○ 植田 都月, 戸村 道夫(大阪大谷大・薬・免疫)
P-37 レプチン遺伝子およびレプチン受容体遺伝子変異マウスにおけるRegⅢβの発現
○ 新堀 絵美子1, 園山 慶21北大・農,2北大院・農)
P-38 カルシウムバイオセンサーマウスを用いた腸管センシング機能の解析
○ 安達 貴弘(東京医科歯科大学難治疾患研究所免疫疾患)
P-39 FBP1による腸管上皮バリア機能の調節機構
○ 宮下 采佳, 中田 一彰, 高橋 恭子(日大生物資源)
P-40 腸管上皮細胞における低分子量GTPアーゼARF4の役割
○ 中田 一彰, 津田 真人, 細野 朗, 上野川 修一, 高橋 恭子(日本大学生物資源科学部)
P-41 腸内細菌がマスト細胞に及ぼす影響とそのC/EBPα依存的機構の解析
○ 池谷 彩花, 笠倉 和巳, 高橋 恭子(日本大学 生物資源科学部)
P-42 恒常的な腸内細菌の存在が誘導するB細胞のIgA発現は盲腸リンパ節とパイエル板では異なっている
○ 小島 菜月1, 津田 真人1, 八村 敏志2, 高橋 宜聖3, 高橋 恭子1, 上野川 修一1, 細野 朗11日大・生資科,2東大・院・食の安全研究セ,3感染研・免疫)
P-43 ペクチンとの複合体化によるβラクトグロブリンの機能改変
○ 影山 廉, 好田 正, 服部 誠(東農工大院・応生化)
P-44 エピジェネティック制御を受けてアナジー化T細胞で発現が上昇する遺伝子の同定
○ 谷石 桃華, 服部 誠, 好田 正(東農工大)
P-45 食物アレルギーの経皮免疫療法モデルにおける局所応答の重要性
○ 森永 真実子, 足立(中嶋) はるよ, 八村 敏志(東大院農生科・食の安全研セ)

このページのTOPへ↑