HOME > 関連学会情報 > 第20回腸内細菌学会開催案内

第20回腸内細菌学会開催案内

「腸内細菌と健康保持―先人の知恵と最新の研究に学ぶ―」

日時:
平成28年6月9日(木)~10日(金)
場所:
東京大学伊藤国際学術研究センター
大会長:
平田晴久(わかもと製薬株式会社)
参加費:
会員 6,000円 一般 8,000円 学生 1,500円(事前登録)
会員 8,000円 一般 10,000円 学生 2,000円(当日登録)
参加事前登録:
平成28年3月1日(火)~5月13日(金)
大会URL:
http://bifidus-fund.jp/meeting/index.shtml
お問合わせ:
公益財団法人日本ビフィズス菌センター事務局
〒170-0002 東京都豊島区巣鴨1-24-12
TEL: 03-5319-2669 FAX: 03-5978-4068 e-mail: jbf@ipec-pub.co.jp

<学会プログラム> ※ プログラムは変更になる場合がございます。

6月9日(木)9:30−17:45

(午前)

  • 一般演題A発表

(午後)

  • 腸内細菌学会20周年記念シンポジウム『腸内細菌学会の20年を顧みて』
    1. 上野川修一(東京大学名誉教授、財団前理事長)「腸内細菌学-その未来への期待」
    2. 川島拓司(財団前総務主幹)「財団設立の背景とその経緯」
    3. 田中隆一郎((株)ヤクルト本社)「腸内細菌学のあけぼの 腸内細菌学会の20年」
  • 海外特別講演
    Satchidananda Panda(Salk Institute, USA)
    「Interactions among diet, eating pattern, and gut microbiome contribute to host metabolism」
  • ビフィズス菌センター研究奨励賞授賞式・受賞講演
  • シンポジウム1『糞便移植の可能性を探る』
    1. Els van Nood(Harbor Hospital Rotterdam, Netherlands)
      「The current status and future of Fecal Microbiota Transplantation」
    2. 金井隆典(慶應義塾大学)
      「臓器間ネットワークの中心に存在する腸内細菌の役割」
    3. 石川大(順天堂大学)
      「潰瘍性大腸炎に対する抗菌剤併用便移植療法の確立を目指して」
  • 懇親会

6月10日(金)9:30−17:30

(午前)

  • 一般演題B発表

(午後)

  • 特別講演
    須藤信行(九州大学)「腸内細菌によるストレス応答・行動特性の制御」
  • シンポジウム2『腸内細菌と健康保持-最新の研究-』
    1. 中路重之(弘前大学)
      「岩木健康増進プロジェクトから得られた腸内細菌叢の実態と意義」
    2. 谷口奈央(福岡歯科大学)
      「乳酸菌を利用した口腔の健康管理」
    3. 小田巻俊孝(森永乳業(株))
      「母乳による腸内菌叢制御機構~各ビフィズス菌種の由来と母乳に対する親和性の違い~」
    4. 三宅幸子(順天堂大学)
      「腸管免疫と自己免疫」 
    5. 辻典子(産業技術総合研究所)
      「腸内微生物の核酸による抗炎症メカニズム」
    6. 松本敏((株)ヤクルト本社)
      「腸内細菌と大腸発がん」