HOME > 関連学会情報 > 第21回腸内細菌学会開催案内

第21回腸内細菌学会開催案内

第21回腸内細菌学会プログラム
「腸内細菌の機能研究とオミックス研究の融合
 ―Host-microbiota relationshipの解明―」

会期:
2017年6月15日(木)~16日(金)
会場:
神戸市産業振興センター「ハーバーホール」(神戸市中央区東川崎町1-8-4)
大会長:
山村秀樹(ビオフェルミン製薬)
参加費:
会員 6,000円 一般 8,000円 学生 1,500円(事前登録)
会員 8,000円 一般 10,000円 学生 2,000円(当日登録)
参加事前登録:
平成29年3月1日(水)~5月12日(金)
大会URL:
http://bifidus-fund.jp/meeting/index.shtml
お問合わせ:
公益財団法人日本ビフィズス菌センター事務局
〒170-0002 東京都豊島区巣鴨1-24-12
TEL: 03-5319-2669 FAX: 03-5978-4068
e-mail: jbf[at]pec-pub.co.jp([at]を@に変更してください)

<学会プログラム> ※ プログラムは変更になる場合がございます。

6月15日(木)9:50−18:00

(午前)
●一般演題A発表

(午後)
●海外特別講演
Christian Jobin (Professor of Medicine, University of Florida, USA) 
「The complex impact of intestinal microbiota in cancer」

●シンポジウム1『マイクロバイオームと宿主の恒常性』
①福田 真嗣(慶應義塾大学)
「腸内細菌叢由来代謝物質がもたらす宿主恒常性」
②土肥 多惠子(国立国際医療研究センター研究所)
「消化器の摂食応答とマイクロバイオーム」
③金 倫基(慶應義塾大学)
「乳幼児期におけるClostridiales目細菌の獲得は腸管病原菌の定着抵抗性を制御する」
④冨田 秀太(岡山大学)
「皮膚マイクロバイオームの恒常性」
⑤松木 隆広((株)ヤクルト本社中央研究所)
「乳児腸内フローラの形成に影響を与えるビフィズス菌の遺伝特性」

●一般演題A ポスター発表(8F)
●情報広報会(10Fレセプションルーム)

6月16日(金)9:20−17:40

(午前)
●一般演題B発表
●招請講演  藤本 孝明(日本生菌製剤協会 会長)
「生菌製剤百年をふり返る」

(午後)
●特別講演
高井 研(海洋研究開発機構)
「極限環境微生物から見える生命の限界と起源、そして地球外生命の存在」

●ビフィズス菌センター研究奨励賞授賞式・受賞講演

●シンポジウム2『マイクロバイオームと病態』
①奥村 利勝(旭川医科大学)
「過敏性腸症候群とマイクロバイオーム」
②渡辺 俊雄(大阪市立大学)
「薬剤性小腸傷害とマイクロバイオーム」
③中島  淳(横浜市立大学)
「非アルコール性脂肪肝NASH・NAFLDにおける腸内細菌と腸内メタボローム解析」
④阿部 高明(東北大学)
「腸内細菌叢コントロールによる腎不全治療」
⑤山下 智也(神戸大学)
「腸内細菌と循環器疾患」

      

以上